2005年09月26日

次世代ゲーム機の実力5

 次世代ゲーム機戦争の前哨戦は既に始まっていると思うのですが、12月10日の発売が決定したXbox 360に対して、PS3は2006年春とやや出遅れることになっています。先日開催されたゲームショーでも、Xbox 360が多数の試遊台を出展していたのに対し、PS3は、本体のモックアップ展示と映像出展のみ。但し、ポテンシャルはPS3の方が高いので、両機種とも楽しみです。

 以下は、色々なところで映像が公開されている中から抜粋。まだ、アマゾンさんでも情報メールのリンクとしてしか公開されておりませんので、現時点で予約出来るわけではありません。

 以下は、PS3タイトルから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デビルメイ クライ4(仮称)

 背景画像が、写真みたいなクオリティーですね。どちらの機種にも言えるのですが、必ずしも映像がリアルになったから、ゲーム性も高いかというと別ですので、力の入れる部分だけは間違って欲しくないなぁ〜と思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

VISION GRAN TURISMO(仮称)

 クルーが全然ポリゴンぽく見えないところが、流石PS3ですね。PS2だとCGムービーとして流すしか無かったこういう映像が、リアル演算で流せるとなるところが凄いです。VFのカクカクポリゴンが、こうなるとは...。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタルギア ソリッド 4(仮称)

 メタルギアのような作品にリアルな映像が加わると、まさしくハリウッド映画みたいです。予算的な問題で、日本映画はハリウッドを越えられないかもしれませんが、映画に近いゲームとしてなら、実現可能だと思います。ストーリーが分岐する分、こちらの方が面白いと思うのですけど。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイオハザード5(仮称)(PlayStation 3版)

 こちらは、既に映画化されています。PS3になってどこがどのように変わるのか、そこが楽しみです。逆に、映像がきれいになるだけだとしたら、そこが次世代ゲーム機の限界かもしれません。ちなみにこちらのタイトルは、Xbox 360でも発売予定です。

 

Xbox 360の画像は以下の一枚しかありませんでしたが... 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ninety-nine Nights(仮称)

 正直、マイクロソフトのXboxには興味を持っていませんでした。それは、ハードが大きいこと、発売当初、ディスクに傷がつく等の問題が生じた時の対応が、いまいちに思えたこと等の理由です。ゲームタイトルも日本向けでは無かったような気がします。

 ところが日本市場を無視しないというよりも、ターゲットとして方針転換されたのでは?と思われるXbox 360。日本の著名なクリエーターを巻き込んでのゲーム開発。洗練されたボディー。リッジレーサー6など、今までのPSハードを牽引してきたようなソフトの抱え込み等、面白いことになってきました。どちらのハードも映像的には、そんなに違いはないのでは?と個人的には思います。ですので、どれだけ面白いタイトルを発売出来るか、そこに勝敗の行方があるとのではないでしょうか?



angelswing7 at 06:00│Comments(0)TrackBack(0)ゲーム 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔