2005年10月10日

柴田淳さんのPV集の第2弾5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柴田淳 Jun Shibata Music Film Collection しば漬け2

 柴田淳さんが気になったのは、こういう女性を撮ってみたいなぁ〜と思ったからということは、先に書かせて頂きました。事務所から依頼されてよく撮影するのですが、10代後半から、20代前半ぐらいの方ばかりなので、少しお姉さんみたいな感じの方ってあまりないんです。

 で、シングルコレクションを購入して何度も聴いているうちにビジュアルよりも、曲に惹かれていきました。初めて聴いたときは、それほどインパクト無かったのですけど、何度も聴いているうちに歌詞も、曲も、声も どれもが素敵で、シングルコレクションだからなのかもしれませんが、外れの曲が無いんです。普通、アルバムだと数曲気に入っても、あとはまぁまぁ〜ということってあると思うのですけど。で、やはり気になったのが、動いたところを観てみたいなぁ〜、それとPV集の第二弾の方は、曲のイメージに合わせて作られているとあったので、幾日か悩んだ挙句、結局、購入してしまいました。DVD購入する前に、CDを購入すべきなんですけど。まぁ、CDの方は、少しずつ揃えましょうということになりました。

 このPVの感想なのですが、やはり収録されている中で一番好きな曲「未成年」が良かったです。歌詞がとても辛いのですが、その雰囲気を壊さない映像、柴田さんの表情も曲にあっていて、映像の表現も出来る方なんだなぁ〜と思いました。また、「ちいさなぼくへ」は、小さな女の子と二人でとても楽しそうな感じ。いいですね。動物や、小さい子供に出会った時に自然に出てくる表情って、その人を良く表していると思うのです。感受性が豊かであるということは、時に辛く哀しい時もあるかもしれませんが、芸術の道に進む方には、必要な才能だと思います。



angelswing7 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)音楽 | DVD

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔