2005年10月24日

虫取り網をカメラに持ちかえた少年の目5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光と風のシンフォニー―石井孝親自然写真作品集

 大人になると何が変わるでしょうか? 背も高くなり、物事の考え方も理論的になって、日々の雑多な出来事に追われて、忙しい毎日に追われて過ごす方って多いのではないでしょうか。この写真集を撮影された石井さんは、子供の頃、大の昆虫好きだったそうです。昆虫少年だった石井さんは、虫取り網を持って、身近な横浜の里山を駆け回っていたに違いありません。それから何年も経過して大人になった今、手には虫取り網でなく、カメラに持ちかえ、同じ場所で撮り続けられていました。普段見逃しがちな足元の「小さな生命」と光と風を、写真という網で切り取った世界。大人になった今の昆虫少年の心を持っている石井さんだからこそ、撮れた写真集だと思います。自作のリングボケフィルターも使用されていたりして、映像の中に遊び心も隠されていたりします。

 写真集って、ご本人が情熱を傾けていないと、視聴者側には何も伝わってこないと思います。何事も熱意って大切なんだなぁ〜と改めて実感致しました。



angelswing7 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)写真集 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔